事務所の特徴

公認会計士・税理士 安野広明

安野公認会計士税理士事務所所長。株式会社ビジネスプラン代表取締役。島根県益田市生まれ。

平成14年、朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入社。18年、公認会計士登録。19年、新日本アーンストアンドヤング税理士法人入社。22年10月、株式会社ビジネスプランに入社。同年12月、安野公認会計士税理士事務所を開業。中国税理士会益田支部所属。

あんの会計事務所

株式会社ビジネスプラン

創 業:昭和55年

代表者:安野 広明

職員数:10名

所在地

〒698-0041

島根県益田市高津1-1-1

TEL 0856-23-0022

FAX 0856-23-6674

トップ中国>あんの会計事務所

あんの会計事務所

株式会社ビジネスプラン

・月次関与先・隔月関与先のお客様の65%が黒字です。

・「どこに手を打てば利益が出るのか?」についてアドバイスいたします。

・関与先には、無料で経営計画書の作成サポートを行います。

・セミナー・イベント活動に力を入れています。

・若手後継者向けの勉強会を、毎月1回無料で開催しています。

Web・SNS

Webサイト

E-mail

2つの商品で中小企業をサポート

あんの会計では、「中小企業を元気にすること」を経営ビジョンとして掲げています。具体的には、中小企業がしっかりと利益を出し、健全な経営で、そこで働く社員やそのご家族、そして取引先や関係者すべての方々が幸せを感じ、かつ、地域からも必要とされるような、明るい会社の未来をサポートしています。

そのための手段として用いているのが、「あんの式月次決算書」と「経営計画書」です。「あんの式月次決算書」では、たとえ決算書が読めなくても、図を用いて「儲けの仕組」をイメージとしてつかめるように工夫し、「どこに手を打てば利益が出るのか?」など、会社の未来についてシミュレーションします。

また、当社でサポートしている「経営計画書」は、巷でよく見かける、数字が並んだだけの銀行提出用のものとはまったく異なります。社員教育や事業承継を含め、経営に生かすことを目的とした「経営計画書」です。ちなみに当社では、お客様におすすめするだけではなく、自社でも「経営計画書」を作成・運用し、年に1回、外部の方を招いて経営計画発表会を開催しています。自らが実践することで、お客様にも説得力のあるアドバイスができると自負しています。

このように、当社には、「あんの式月次決算書」と「経営計画書」という2つの商品があり、それらに基づいた中小企業のサポートを行えることが強みです。

結果として、全国の中小企業の赤字割合が約70%と言われている中で、当社の月次関与先・隔月関与先のお客様は、65%が黒字となっています。

セミナー・勉強会に力を入れる

地方には学びの場が少ないため、代表の安野自身が、東京で働いていた経験とフットワークの軽さを生かして積極的に都会へ足を運び、そこで得た情報を地元に還元するべく、セミナーや勉強会の場を数多く企画しています。

具体的には、会計、税務、労務、ファイナンシャルプラン、遺言・成年後見制度、助成金など、専門的なテーマのものから、経営者や社員の「考え方」にプラスの影響を与える自己啓発的なテーマのものまで、様々です。

特に、年1回のビジネスプラン特別講演会では、毎回300~400名がご来場くださり、過去5年だけでも、約2000名を集客しました。

今後も積極的に情報を仕入れ、地元のお客様に還元できればと思っています。

地域貢献活動について

地元に根を張って商売をする以上は、地域貢献は必要不可欠だと考えており、当社における地域貢献の形として、お正月に「コメディ・クラウン・サーカス」を開催しています。

「会計事務所がサーカスを主催している」というと、よく驚かれるのですが(笑)、様々なご縁が重なり、当社で主催することに決めました。「地元の子供たちに、地元で、楽しい思い出をつくってもらいたい」という想いで、毎年継続しています。こちらについては、過去3回で1800名近く集客しました。いまでは半年前から楽しみにしてくれているお子さんもいらっしゃいます。

最後に

「先生業」ではなく、「パートナー」としてお客様と伴走することで、中小企業に元気になっていただくことが、わたしたちの使命です。

ぜひ、共に地域を盛り上げて参りましょう!

 Copyright 2019 e100sen.com. All Rights Reserved.