トップ>佐々木忠則税理士事務所

佐々木忠則税理士事務所

日本アシスト会計グループ

日本アシスト会計グループのスタッフの皆さん

佐々木忠則代表

相続事前対策に注力する総合会計グループ

「争族」対策、納税資金対策、節税対策を広い視野で提案

日本アシスト会計グループは、北海道札幌市に拠点を構える会計事務所。「争族」

を未然に防ぐ相続事前対策に力を入れており、広い視野で顧客を取り巻く状況を

調査し、財産を次の世代に円満に受け渡す方法を提案する。

北海道の個人・法人に高度な支援サービスを提供

 日本アシスト会計グループは、税務署OBで税理士の忠鉢繁造と、財務コンサルティング会社代表の佐々木忠則が平成3年に立ち上げた総合会計グループです。

 代表の佐々木は大学卒業後すぐに会計事務所に勤務し、相続税の申告はもちろん、個人・法人の税務申告の経験が豊富です。会社経営の経験を持つだけでなく、自ら不動産賃貸業を行い、不動産活用を体験しています。

 当事務所は毎月巡回訪問をする関与先が法人、個人事業者を合わせて数百件に及び、多様な業種を支援した実績を持っています。会計・税務はもちろん、資金調達支援、経営改善指導、事業承継支援なども行っています。税務を中心とした幅広い知識を活用し、お客様の思いを重視したご支援を行っており、相続のご支援に関しても、お客様のお気持ちを大切にしています。

広い視野で財産を次の世代に円満に受け渡す

 当事務所は相続の事前対策に力を入れています。「争族」対策、納税資金対策、節税対策の3つを考え、お客様のご相談に合わせ、柔軟な提案をしています。また、事前対策の大切さを知っていただくため、相続のセミナーや個別相談会を随時行っており、講師依頼を大変多くいただいています。

 代表の佐々木は、相続に深く関係する相続税や贈与税だけでなく、他の税についても考慮し、お客様にとって最良の方向性を見いだし、財産を次の世代に円満に受け渡せることを心がけてご支援をしています。

 ちまたでは、「税務調査が入ると、税金をさらに持っていかれる」といわれています。相続の税務調査は名義預金と財産評価が中心になりますので、当事務所では申告後の調査で追徴税がないように、これらを事前に調査確認したうえで相続税の申告をしています。

 さらに、適正な申告であることを税理士が保証する税理士法第33条の2の書面の添付をしています。これにより、税務署が申告内容を確認するときは、まず税理士に意見聴取をし、そのうえで税務調査の必要がないと判断すれば調査しないことになります。

 当事務所が行った申告は、近年この意見聴取だけですんでいます。こうした追徴のない申告業務は、地元の金融機関の方からも高く評価していただいています。

急な相談にも対応する相続相談窓口を設置

 当事務所は、相続相談窓口を設置しています。相続で困ったことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。初回は無料にてご対応いたします。

 急なご相談にも対応できる電話窓口も設置しています。当事務所のホームページには、お問い合わせフォームもご用意しています。

日本アシスト会計グループ(相続支援センター)

代表者:佐々木忠則(税理士/北海道税理士会札幌北支部)

職員数:20名

所在地:札幌市北区北31条西4丁目1番2号

ホームページ:http://www.assist-kaikei.co.jp/

相続相談窓口 電話:011-727-5143 緊急時:090-3393-3050

 Copyright 2018 ******************** All Rights Reserved.

 Copyright 2018 **************** All Rights Reserved.