トップ>ミッドランド税理士法人

ミッドランド税理士法人

ミッドランド・アライアンス

中部地方に6つのオフィスを構える大型会計事務所グループ

豊富なノウハウの蓄積にもとづき顧客の課題を総合的に解決

石川 誠代表(岡崎)

河合秀俊代表(豊田)

齋藤孝一代表(名古屋)

古川吉宏代表(三重)

永田文康代表(岐阜)

天野卓男代表(刈谷)

ミッドランド・アライアンスのスタッフの皆さん

ミッドランド・アライアンスは、愛知、三重、岐阜の3県にある6つの会計事務所で構成された大型会計事務所グループ。相続案件を年間約200件、合計1000件以上取り扱っており、豊富なノウハウの蓄積にもとづく高い課題解決力が強み。

東海3県に展開する大型会計事務所グループ

 ミッドランド・アライアンスは、「中部地方(MIDLAND)の中小企業を支援し、中部経済の活性化に貢献し、もって日本全国の活性化に繋げよう」という理念のもと、平成24年9月に東海3県(愛知、三重、岐阜)の5つの会計事務所が参加して結成されました。

 現在では6つの会計事務所が参加しており、税理士・税理士有資格者44名を筆頭に、多数の士業、専門家が在籍しています。スタッフ数は、アライアンス全体で総勢約300名です。

1000件以上の相続案件に対応した豊富なノウハウを蓄積

 私たちは、相続・事業承継対策を得意分野としています。アライアンス結成後、相続案件を年間約200件、合計1000件以上取り扱っています。膨大な数の案件に対応した経験を蓄積しており、それにもとづく節税ノウハウには大きな自信があります。

 また、会社経営者や後継者向けのセミナーなどを行い、事業承継に関するさまざまな情報を提供することで、たくさんの経営者の方から支持していただいています。

6つの税理士法人が連携し、相続のあらゆる問題を解決

 私たちの最大の強みは、東海エリアにある6つのオフィス(税理士法人)がアライアンスとして連携することで、総合的かつ高度な問題解決を可能としていることです。

 一口に相続対策といっても、相続税の申告だけでなく、事前の相続対策、事業承継対策、民事信託やM&Aを活用したサポートなど、その内容は多岐にわたります。ひとつの事務所が、これら全てについてアドバイスをすることは容易ではありません。

 当アライアンスの6つのオフィスは、それぞれ得意分野をもっています。お客様からご相談があった際は、その事案に最も適したオフィスが対応したり、相互に連携することでハイレベルな対応をし、問題を総合的に解決します。

 もちろん各オフィスでは、入念なヒアリングを行い、相続人の思いに寄り添った細やかな気配りをしたアドバイスを心がけています。

相続の悩みは最寄りのオフィスへ

 私たちにご相談をご希望の場合は、フリーダイヤル(0120-310-374)におかけいただくか、最寄りのオフィスの相談窓口までお問い合わせください。

ミッドランド税理士法人

名古屋オフィス

名古屋市中村区名駅3-28-12

大名古屋ビルヂング21F

名古屋税理士会中村支部

相談窓口 0120-029-299

 

豊田オフィス

愛知県豊田市三軒町7-63-5

東海税理士会豊田支部

相談窓口 0120-361-835

岡崎オフィス

愛知県岡崎市葵町3-1

東海税理士会岡崎支部

相談窓口 0564-24-5678

 

岐阜オフィス

岐阜県岐阜市加納城南通

2-22-1

名古屋税理士会岐阜南支部

相談窓口 058-273-1511

三重オフィス

三重県四日市市安島2-1-1

丹羽ビル2F

東海税理士会四日市支部

相談窓口 0120-201-512

 

刈谷オフィス

愛知県刈谷市幸町2丁目3-3

東海税理士会刈谷支部

相談窓口 0800-555-3039

Copyright (C) 2020 Business Management Service All Rights Reserved.