ご来場いただきありがとうございました!

会計事務所サミットは盛況のうちに終了いたしました。

当日の様子をまとめた動画を近日配信いたします。

ご期待下さい!

日時

2019年7月11日(木)13:00~18:00

12日(金)10:00~17:00

場所

アキバ・スクエア AKIBA SQUARE

〒101-0021

東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 2F

JR秋葉原駅より直結

主催

開催概要

当社主催にて2017年1月に「クラウドサミット2017」、2018年1月に「ユースウェアサミット2018」が開催されました。どちらも、ご協賛者様・ご来場者様共に好評にて終了致しました。

しかし、それに満足することなく、開催後にご協賛社様、ご来場者様から頂いた様々なご意見ご感想・当社内での反省や意見を検討し、2019年は「BMS会計事務所サミット」として、より発展的にリニューアル開催することとなりました。

本年は、春以降、元号変更・働き方改革関連法施行、そして消費税10%に伴う軽減税率制度実施開始など、近年のAI・RPA・クラウド化の波と相乗しながらやってきます。

会計事務所の現場も、従来のままではその波に乗り遅れてしまうかもしれません。

そこで、創造性豊かで革新的な仕事へと移行するヒントを得られるイベントにしたいと思います。

テーマは「Innovation 2019」です。

イベントのビジョン

主催社の株式会社実務経営サービスの経営理念「お役立ち」の精神をベースに、ご参加された会計事務所の皆様、ご協賛頂いた企業の皆様にお役に立てる「場」作りを実現します。

また、一年一年激変していく情勢の一歩先を行く情報提供を目指します。

基調講演決定!

7/11(木)13:10~14:30

講演タイトル

『地方の再生と日本の将来』

片山 善博(かたやま よしひろ)氏/早稲田大学公共経営大学院教授

プロフィール

1951年岡山市生まれ。74年東京大学法学部卒業、自治省に入省。能代税務署長、自治大臣秘書官、自治省国際交流企画官、鳥取県総務部長、自治省固定資産税課長などを経て、99年鳥取県知事(2期)。07年4月慶應義塾大学教授。10年9月から11年9月まで総務大臣。同月慶應義塾大学に復職。17年4月早稲田大学公共経営大学院教授。併せて、鳥取大学客員教授、日本郵船株式会社社外取締役、「デジタル文化財創出機構」理事、「日本司法支援センター(法テラス)」顧問、「角川文化振興財団・城山三郎賞」選考委員、「活字文化推進会議」委員などを務める。

7/11(木)14:45~15:45

講演タイトル

社員満足度アップが会社成長につながる!

『会計事務所の働き方改革』

芦田 敏之 氏/税理士法人 ネイチャー国際資産税  代表税理士

プロフィール

個人の国際投資、相続・事業承継、M&Aに関するコンサルティングに特化した税理士法人ネイチャー国際資産税および株式会社ネイチャーFASを設立。国際資産税専門ファームとして、国内外における投資・相続・事業承継・M&A等の数多くのインターナショナル事案の対応実績を有する。近年では独自の「働き方改革」を推進。会計業界に留まらず注目を浴び、取材や講演の依頼を受ける。

7/11(木)16:50~17:50

講演タイトル

ベンチャーキャピタル・ファイナンスの現況と展望

   ~会計事務所が知っておくべき資金調達の最新動向~

仮屋薗 聡一 氏/株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)代表パートナー

プロフィール

※GCPの投資実績:

Gree、メルカリ、スマイルワークス、スマートニュース、ビズリーチ、オイシックス、など多数

◆2015年7月より一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会会長。

株式会社三和総合研究所での経営戦略コンサルティングを経て、1996年、株式会社グロービスのベンチャーキャピタル事業設立に参画。1号ファンド、ファンドマネジャーを経て、1999年エイパックス・グロービス・パートナーズ設立よりパートナー就任。2013年12月より株式会社スマイルワークスに出資(同時に同社社外取締役に就任)、現在に至る。

慶應義塾大学法学部卒、米国ピッツバーグ大学MBA修了。

著書に「機関投資家のためのプライベート・エクイティ」(きんざい)、「ケースで学ぶ起業戦略」(日経BP社)、「MBAビジネスプラン」(ダイヤモンド社)、「ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言」(税務研究会)がある。

7/12(金)10:05~11:05

講演タイトル

2019年RPA元年!RPA会計事務所導入成功事例講演!

~ロボットが申告する時代到来!単純作業がいよいよ消滅します~

大野 晃 氏/会計事務所RPA研究会株式会社・執行役員

プロフィール

レッドスターコンサルティング株式会社代表取締役。一般社団法人中小企業税務経営研究協会・理事。セミナーBOOK株式会社 代表取締役社長。サン共同税理士法人 ディレクター 税理士。サン共同RPAアドバイザリー株式会社 取締役。株式会社FIS DESIGNS 社外取締役。相続手続相談士研究協会 ディレクター。社外経営執行役員型養成塾&オンラインサロン ディレクター。

2018年9月業界初 ! 飲食店開業専門税理士事務所をサン共同税理士法人へM&A !

現在は『士業から起業家への転身』をコンセプトに経営コンサルティング、ビジネスプロデュース業を中心に活動!

過去には人工知能のベンチャー企業の戦略アドバイザー支援で上場会社へ8億円のバイアウトエグジット支援成功 !

一般社団法人中小企業税務経営研究協会・理事として税理士会員180を束ねるとともに年間2,000件超の経営相談を受けている。

著書

『飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法の本』(秀和システム)

税理士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本 (秀和システム)

セミナー講演累計回数 300回超

・税理士業界の現状!キーワードは『顧問料相場減少』『後継者不足』『受験生激減による超採用難』と悲惨な状況・・・

・税理士業界の未来予測!『顧問料0円時代到来!?』『会計事務所のM&Aによる集約化加速』

・RPAとは何か?

・RPAとAIの違いとは?

・ロボットと共生しないと大幅に競争力に差がつく

・AI・ロボット時代!税務顧問が劣化していく今新たに考えられる税理士資格に依存しないビジネスとは?

・業務効率化だけでは片手落ち!ロボットで削減された時間をどう使うかを考えよう

・税理士2.0時代へ突入とは?

・資格の価値観のパラダイムシフト

講演タイトル

『IT最先端の会計事務所における、IT対応状況について』

・RPA導入の経緯

・会計事務所におけるRPA導入事例

・RPA導入のメリット・デメリット

・RPAはどこの会社をどう選択すればよいのか?

・RPAを導入したスタッフの感想

・今後の会計事務所業務のRPA化の流れ

朝倉 歩 氏/会計事務所RPA研究会株式会社・執行役員

プロフィール

デロイトトーマツ税理士法人にて12年間勤務後、平成28年よりサン共同会計事務所のパートナー及びサン共同税理士法人の代表社員に就任。M&Aサービスを強みとしており開業後3年間で八王子、板橋、飯田橋の会計事務所を承継している。

7/12(金)11:15~12:15

講演タイトル

中小企業の収益向上実現に向けて

マネーフォワード×ナレッジラボが提案する会計事務所の未来

辻 庸介 氏/株式会社マネーフォワード・代表取締役社長 CEO

プロフィール

京都大学農学部を卒業後、ペンシルバニア大学ウォートン校MBA修了。

ソニー株式会社、マネックス証券株式会社を経て、2012年に株式会社マネーフォワード設立。

新経済連盟の幹事、経済産業省FinTech検討会合の委員も務める。

国見 英嗣 氏/株式会社ナレッジラボ・代表取締役

プロフィール

学生時代からプログラミングに興味をもち、エンジニアとしての道を歩む選択肢がありながら、なぜか公認会計士となるという道を選び、トーマツグループに入社。さまざまな企業のITインフラ、アプリケーションなどのシステム監査やシステムコンサルティングを経験するなかで、テクノロジー面での強みを身につけた珍しい公認会計士である。

クラウドサポートの価値向上に注力しながら、WEBアプリケーションの開発責任者としてシステム開発に携わっている。

7/12(金)12:30~13:30

講演タイトル

武蔵野流経営計画を実践する会計事務所!

『環境整備・PDCA管理』で会計事務所の強い組織を作る秘訣

清田 幸弘 氏/ランドマーク税理士法人代表社員・税理士

プロフィール

ランドマーク税理士法人代表社員・税理士・行政書士。丸の内相続大学校・丸の内相続プラザ主宰。一般社団法人相続マイスター協会代表理事。4月より立教大学客員教授。昭和37年生まれ。明治大学卒。横浜農協(旧横浜北農協)で金融・経営相談業務に従事した後、資産税専門の会計事務所に勤務し、平成9年に清田幸弘税理士事務所を設立。その後、ランドマーク税理士法人に組織変更し、「丸の内相続大学校」「丸の内相続プラザ」と続けて設立。現12支店で精力的に活動中。

7/12(金)14:30~15:10

講演タイトル

会計事務所が知っておくべき

 インボイス義務化と電子インボイス/電子帳簿保存などの動向

大泰司 章 氏/一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)インターネットトラストセンター 企画室長

プロフィール

メーカーやSI事業者の営業現場で長年にわたって大量の紙の契約書等取引文書と格闘し、社会インフラを変える必要性を痛感。JIPDECに移った後、電子契約元年プロジェクトを立ち上げ、全ての取引文書の電子化を目指して活動中。

また、メールやWebサイトのなりすまし対策のほか、信頼できるインターネット上のサービスのあり方を検討し、「JCANトラステッド・サービス登録」のしくみ作りを行っている。

7/12(金)15:20~16:50

パネルディスカッション

中小企業を取り巻く環境変化と会計事務所の役割

中小企業庁・金融庁・全銀協登壇!

さらに株式会社スマイルワークス代表取締役社長坂本恒之氏がパネラーに参加!

モデレータ:中井誠(株式会社実務経営サービス代表取締役会長)

協賛企業

※プラン別に50音順

Copyright (C) 2012-2019 Business Management Service All Rights Reserved.