資金調達相談士とは

FAA

中小企業の資金調達を支援する

資金調達相談士とは

会計事務所(税理士・公認会計士事務所)の主なお客様である中小企業にとって、会社の資金が潤滑に回る事こそ、永続的な経営ができることと言えます。

本来、会計事務所はその中小企業の税務・会計に携わり、会社の経営を数字で把握しているはずです。

しかし、把握しているにもかかわらず、その分析やアドバイス、そして資金がショートしないための対策などを行っていない場合が多く見られます。

資金調達相談士は、会計事務所に所属している、税理士・公認会計士、又はプロフェッショナルなアドバイザーの中で、特に銀行対策・資金調達支援に特化したスキルを持っているものだけが取得できる民間の資格です。

その目的は、銀行対策・資金調達の相談ができる会計事務所があるということを、広く知っていただき、そして、実務的な支援を現場で行う、ということです。

特に、資金繰りに窮する前に、その対策を立てる、そもそも、そういう状況にならない為の支援に力を入れています。

 

もし、資金繰りについて将来に不安がある、銀行との交渉がうまくいかない、そもそも銀行とどう付き合ったらいいのかわからない、等のお悩みをお持ちの経営者の方がいらっしゃいましたら、一度資金調達相談士に相談することをおすすめします。

資金調達支援の一件である銀行対策ノウハウについてはこちらをご覧下さい。

※全国すべての地域をカバーすることを目指しておりますが、現在まだ、カバーされていない地域がございます。その場合、一般的な相談をメールなどで行うことに限定させていただく場合がございます。

【理念】

常に専門性を高め合い、得られた情報・ノウハウを地域の中小企業へ還元し、活き活きとした地域経済を実現させます。

【資金調達相談士ができること】

決算書診断

資金調達対策の策定~銀行の選定支援・その他の資金調達の検討

事業計画の作成

銀行への決算報告

経営改善案の作成・実行

融資の申込支援(融資資料の作成)等

【資金調達相談士のロゴに込められた想い】

2つのウロボロス(己の尾を噛んで輪になった竜)を抽象化したものです。

循環性・永続性・無限製の象徴であるウロボロス。

資金調達相談士は、中小企業の皆様に永続性のある資金繰り対策支援を行っていくことをイメージしました。

左がお客様である中小企業、右が資金調達相談士、寄り添うように支援していくことを表しています。

Copyright (C) 2015-2018 資金調達相談士OFFICIAL WEBSITE